06-6471-2451

営業時間
08:30-17:30

採用情報

先輩スタッフの声

モノづくりにガッツリ関わる設計の仕事を、

思っていることを言いやすい会社で取り組んでいます。

桂田 尚明(新卒採用・9年目)

作成した図面から本物の機械が作られる、モノづくりの現場

大学で専攻していた学科の関係もあって、エンジニアになりたいという思いを持っていました。そんな思いを胸に大阪ボイラー製作所に新卒で入社、今年で9年目になります。今はCADを使った設計の業務を担当しています。

元からモノづくりが好きだったということもあって、将来の進路としては何かを作る仕事に関わりたいという思いがありました。

設計の仕事は自分で作成した図面から製品が作られていくので、私が作成した図面から社内の工場で大きなボイラーができていきます。図面の段階ではデータでしかなかったものが、工場で実際の製品になるというのは、やはりワクワクしますね。

ブラックかホワイトかと言われたら、ホワイト企業です

私が思う大阪ボイラー製作所は、「思っていることを言いやすい」会社だと思います。モノづくりなので自分なりの意見を持って仕事をするわけですが、そんな時に自分の意見に聞く耳を持ってくれるというのは、重要なことだと思います。社内のコミュニケーションが活発な会社なので、明るい雰囲気の人が多いのも、そういう風通しの良さにつながっているのかも知れません。

設計の仕事はとかく個人プレーになりがちなので、余計に明るい雰囲気の社風に助けられている思いがあります。

ブラック企業、ホワイト企業なんて言葉がありますが、その分類で言うと当社は間違いなくホワイト企業です。働きやすい会社なのですぐに辞めてしまう人もほとんどおらず、それも安定した人間関係につながっているのではないでしょうか。

プロになってみても、やはりモノづくりは面白い仕事です。今後は、まだやったことのないような製品にもどんどん関わっていきたいと思いっています。

ワークライフバランスを実現できた会社で、
身近なお手本を目標に勉強中です。

相原 一仁(中途採用・1年目)

念願のワークライフバランスを実現

前職はプラントエンジニアをしており、中途採用という形で大阪ボイラー製作所の一員となりました。営業を担当しているので、仕事自体は前職から大きく変わりました。

転職の理由は、ずばり拘束時間の長さでした。仕事も大事ですが、それと同じくらい自分の時間も大事です。その両立が難しいと感じたので、一生の仕事として続けていける環境のある大阪ボイラー製作所に転職をした経緯があります。

結果はどうだったのかというと、私がイメージしていた通りの生活ができています。最近ではワークライフバランスという言葉もありますが、それが実現できていることに幸せを感じています。

前職がエンジニアという、あまり人と接することが少なかった職業だったので、現在の営業職を始めた時はなかなか大変でした。ビジネスマナーやコミュニケーション術など、ほとんどゼロから勉強したのを覚えています。ただ、こうしたスキルは営業職以外のどんな仕事にも役立つものだと思うので、貴重な体験ができていると日々感じています。

「いい会社」だと思う、2つの理由

身近な人に当社のことをどんな会社かと聞かれたら、「いい会社」と答えると思います。いい会社というのはとても漠然とした言い方ですが、色々な意味でそう思うので、そういう答え方になります。

仕事をしていく上で「いい会社」だと思う理由は、2つあります。1つは、上下関係に関係なく自分の意見が言えること。こういう社風の会社は珍しいかも、と思うほど上下に関係なくコミュニケーションが活発な会社なので、ちゃんと自分の意見が反映されることもあります。

もう1つは、自分のお手本となるような人が身近にいることです。私はまだ経験が浅いこともあって勉強することがたくさんありますが、すでにその知識をしっかり持ってお客様とやり取りができている人は、生きたお手本です。こんな人になりたいと思いながら仕事ができるのは目標意識も持ちやすいので、恵まれていると思います。

入社を検討されている方にお伝えしたいのは、今の私が感じているような価値を当社に感じられる人であれば、きっと幸せな就職ができるのではないかということです。

募集要項を確認エントリーはこちら